s*nymemo

自転車やカメラのレンズに関する何やかんやと日常の雑記からなるblog

f:id:d_ymkw:20160105123033j:plain

α7+DA50-200(フード無し)。

ズーム全域で一定量ケラれる。APS-Cより若干外側まで使える印象。

手ぶれ補正ナシはつらい。

f:id:d_ymkw:20160105123118j:plain

f:id:d_ymkw:20160105123852j:plain

α7だとAPS-C機(1600~2000万画素)に比べ、画素サイズに余裕がある分、レンズの解像力をそこまで必要としないため、DA50-200でもわりと余裕がある描写になる。

が、やっぱりDA50-200はF8まで絞らないと解像力以外の問題もあり駄目だ。

DA50-200自体は、F8 ~ 11に合わせればAPS-C 2000万画素でもキレのある描写が得られるレンズだけど、今使っているマウントアダプタが絞りが無段階タイプの安物なので、うまく合わせられず死亡するしかない。