s*nymemo

自転車やカメラのレンズに関する何やかんやと日常の雑記からなるblog

■NIFREL でいきものに触れる (水の生物編)

f:id:d_ymkw:20160202112910j:plain

NIFRELに行ってきた。

水族館と動物園が組み合わさった感じで、多種多様ないきものと出会えてめっちゃ面白かったのだけど、とりあえず水生生物・海棲生物でまとめてみた。

www.nifrel.jp

カブトガニ。

f:id:d_ymkw:20160202112930j:plain

写真で伝わるかな…。すげーでっかいの。ガンダムに出てきそう。

f:id:d_ymkw:20160202112948j:plain

わさわさして気持ち悪かった(何

f:id:d_ymkw:20160202113038j:plain

f:id:d_ymkw:20160202113246j:plain

パイレーツ・オブ・カリビアンに出てきそう。

f:id:d_ymkw:20160202113307j:plain

この魚、骨が透けて見えてるんですよ!スケルトンボディ!

f:id:d_ymkw:20160202113333j:plain

なんかよくわからん深海生物。

f:id:d_ymkw:20160202113418j:plain

ダイオウグソクムシ。

f:id:d_ymkw:20160202113433j:plain

巷では“かわいい”と人気らしい。

んな、アホな。と思ったけど、そう言われると可愛く見えてくる不思議。

Tips

NIFRELの水槽、特殊な形状(円形・円筒形)のものが多くて、見返してみるとピントがどこにも合ってない写真が多かった。調べてみたら、水槽の面に対して垂直にカメラを構えるのが定石っぽい。(*)

(*) 水槽の面に対して斜めに構えると、アクリル板で光が波長ごとにバラバラに屈折してしまいうまく結像しなくなる

下記記事は、水族館での撮影の際のポイントがまとめられていて良い感じ。

photo-studio9.com

次はうまくやる!