読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

s*nymemo

自転車やカメラのレンズに関する何やかんやと日常の雑記からなるblog

KZ-ED2という名の下に召喚したKZ-EDR1ってイヤホンが最高にコスパ高い

ガジェット

f:id:d_ymkw:20160214140421j:plain

中華製のイヤホン KZ-ED2を、日本におけるオッパイ研究の第一人者である平林氏(*)が絶賛されていたので買ってみた。

(*) 平林氏の科学に対する造形の深さ・研究能力の高さは下記サイトで確認されたし。hirax.net::inside out

Amazonでも1000円程度で販売されているのだけど、さらに安く手に入れるため中国の大手ショッピングモールサイト Aliexpressを使ってみた。このサイト、中国国内の卸業者・製造業者が直接商品を販売しているのか、色んな物が安く買える(ただし、よく知っている商品でもブランド表記がない、コピー品が混じっているなど、いろいろアレなので、そのへんは自己責任で判断されたい)。

今回は、送料込みで500円ほどで購入できた。

ちなみに、今回買ったところ、今見たら$7くらいに値上りしていた。この商品、売り手や時期による価格変動が激しいので、もし購入される場合は上手く注文されたい。

開封の儀

f:id:d_ymkw:20160214191152j:plain

e-bayで海外から買うと、こういうパッケージで来るよねー。到着まで2週間ほどかかったことから、とりあえずは船荷で来てるのかなぁと思うのですが、どうやって港から家まで運ばれてるんでしょうか。500円で中国からの輸送費が賄われているとかほんと謎い。

f:id:d_ymkw:20160214140421j:plain

パッケージはこんな感じ。KZ-ED2を購入したのですが、『EDR1』ってパッケージには書かれてますね。

なんか、ネット上の情報を調べると、『KZ-ED2は生産終了していて、KZ-EDR1が送られてくる』という話もあるので、まぁそういうことなんでしょう。ちなみに、同じKZ-EDR1でも音質が違うものがあるらしいです。恐るべし中華。でも500円だから、そういうギャンブル性も含めて楽しめる。

ちなみにKZ-EDR1は、ED2の上位機種らしいです。やったね。

ちなみに、箱の文字は紫でキラキラしておりとても綺麗です。いや、まぁ箱はアレですが、文字は綺麗。なんでここ凝ってるんだろう。

f:id:d_ymkw:20160214140416j:plain

内容物はこんな感じ。イヤホンとサイズ違いのイヤーピースが入っていました。

箱の裏の記載を見ていると" Voice coil Material : Japan imports CCAW"って、書いてました。それ書くか。お前、日本製ってどっかに書きたかっただけちゃうんかと。

インピーダンスは16Ωとのこと。

"Adaptation style : pop, rock, dance, light music"とのことで、後で述べますが出力音の特性を考えると、「なるほど、よく分かってんな、お前」という感じです。

f:id:d_ymkw:20160214140409j:plain

ケーブルはちょっと弾力のあるゴムといった感じで、ケーブルが絡みづらく扱いやすいです。何年か経つと劣化しそう感じなのが懸念点といったところ(こればっかりは実際に使ってみないとわからないですが)。

なお、左右の刻印がないのですが、『赤のリングが右、青のリングが左』だそうです。ものによっては位相が反転していたりするらしいので、もうなんていうかアレゲ。500円だし仕方ない。

使ってみた感想

すげーいい。これが500~1000円で販売されているのはヤバ過ぎる。

解像度が信じられないほど高く、初めて使った日には1万円前後のバランスド・アーマチュア型のイヤホンを使った時と同じような感動を味わえた。※ 1万円前後のものと同じ音が出るとは言ってない

低音は適度に出る感じ。モヤっとすることもなく、けっこう力強く押し出される感じ。AUN J クラシックオーケストラ(個人的に好きな和楽器オーケストラ)の和太鼓の音もくっきりはっきり力強く聴こえる。

八人の響き J Classic 2

八人の響き J Classic 2

極めつけは、高音がとても綺麗に伸び、しかも耳に刺さるようなこともなく、ちょっと感動してしまった。ピアノソロ曲(個人的に好きなPiano guysの曲)がとても綺麗に聴こえる。おい、これ500円だぞ、マジかよっていう。

The Piano Guys

The Piano Guys

極端ではないもののドンシャリ(低音が多め、高音は強調気味)傾向があり、2~3時間音楽を聴き続けていると聞き疲れした。とはいえ、このドンシャリ感がなかなかバランスが良くて、POPやROCK寄りの曲ならなんでもいい感じに聴こえる。

リンジー・スターリング(POPなバイオリニスト)とかも良い。とても良い。

踊る! ヴァイオリン

踊る! ヴァイオリン

このクオリティは恐ろしい。

何が恐ろしいって、次買うイヤホンは1万円オーバーのものじゃないと満足感を得られなさそうな感じが恐ろしい。

なんつーか、すげーわ。これは。

参考: その他の人によるレビュー

watchmono.com

zigsow.jp