読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

s*nymemo

自転車やカメラのレンズに関する何やかんやと日常の雑記からなるblog

大阪の肉寿司店『加藤商店 バル肉寿司』によってみた

写真

f:id:d_ymkw:20160328073051j:plain

夕方頃にちょっと時間が余ったので、気になってた肉寿司の店に寄ってみた。夜行くといつも混んでる上、電話での予約もとれなかったりと難易度高いんよね、この店^^;

5時過ぎに入ったのだけど、自分が入ったあと、すぐに満席になった。人気すぎてビビる。

TwitterのTimeline上では肉寿司を食べてる方(東京の方)をよく見るのですが、大阪で肉寿司を食べれるのは、この店が唯一(?)っぽい感じ。

「寿司はサーブまで時間がかかります」(意訳)と言われたので、キューリの叩きと肉サラダを頼んだんだけど、肉寿司が先に来た(なんでやねん

ちなみに肉サラダは、肉料理に合う野菜スティックの盛り合わせ&バーニャカウダーソース。基本、この店は肉しかないので、こういう箸休めは必須だと思う。このサラダにかなり助けられた。

f:id:d_ymkw:20160328073258j:plain

左から、ローストビーフ、極上赤身、極み寿司。

どれも並以上だったのだけど、この中では極上赤身が、あっさりした感じで好みだった。口の中で溶ける肉ってこういうやつかー、って感じ。けっこう感動していた。そう、このあとに、さしとろを頼むまでは…。

f:id:d_ymkw:20160328073307j:plain

この店の名物らしい、さしとろ。

2貫分のシャリ(真ん中の凸部分)の上にけっこうなサイズの生肉が乗ってやってきた。完全にシャリが隠れて肉しか見えない状態で来たので、「なんで肉がでてきたん!?」と思ってしまった。席までサーブされてきてから、その場でバーナーで炙ってくれる。

口に入れただけで溶けた。

こ、これが美味い肉ってやつかっ!?

と感動したのもつかの間、胃が限界を迎えた(※)ので、あら汁(これも肉)を飲んで終了。牛タンスープみたいな味でした。あっさり目で、これも良かった。

※ 基本的に俺の胃は肉を受け付けない。肉の脂がうまく消化できてないのかも…。

 雑感

実は肉が好きじゃない(全般的に)んだけど、口の中で溶ける肉はわりとアリやなと思った。

しかしまあ、肉寿司って、寿司じゃなくて肉って感じ。かなり肉の種類もいろいろあったし、肉が好きな人とご飯食べに行く店としてはかなりよさ気。

あ。寿司の写真の色がおかしいのは、カメラを取り出せる雰囲気じゃなかったのでスマホで撮ったため、っていいわけしとく(ひどい

http://tabelog.com/osaka/A2701/A270108/27078446/tabelog.com

もっとおいしい肉の店 2016 首都圏版 (ぴあMOOK)

もっとおいしい肉の店 2016 首都圏版 (ぴあMOOK)