読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

s*nymemo

自転車やカメラのレンズに関する何やかんやと日常の雑記からなるblog

スマホアプリ製作者は一度は手にしてみるべき『JR西日本 運行情報』の完成度の高さに感動したッ

f:id:d_ymkw:20160407094115j:plain

駅構内で駅員さんが配布されていたティッシュで知ったのだけど、JR西日本の運行情報(遅延・代行運転の情報)を知らせるアプリが公開されていました。

ちょっとイイかも、と思いインストールしてみたら、『これは、スマホアプリの1つの完成形じゃないか!』と思えるくらいよく出来たアプリだったのでblogに書いてみる。

公式ページ

下記ページに公式の紹介・アプリへのリンクがあります。

アプリはiOS/Android 両方に用意されています。アプリは、各アプリストアで『JR西日本 運行情報』をキーワードに検索しても出てきます。

www.jr-odekake.net

このアプリの感動したところ

余計なことはせず、運行情報をPUSH通知するのみ、というシンプルさ。

f:id:d_ymkw:20160407095113p:plain

通知を受ける運行情報は、初回起動時に、自分で通知を受けたい路線を選択するという仕組み。

このときの路線を選択するリストが使いやすい。標準のやつじゃない。

さらに詳細な設定で、運行情報を受け取る時間・曜日を設定可能になっています。この詳細な設定に関しては、最初にいきなりユーザーに設定させるのではなく、最初のPUSH通知を受けた時に、ナビゲートされる(ダイアログが表示される)。

このナビゲーションの表示が極めて適切なタイミングで出てくる。

ちなみに、PUSH通知の際に出てくるダイアログがAndroid2.xの頃のデザインなのが気になるところなのだけど、ここはお金をかけても意味がない(ユーザー体験が変わらない/メリットがない)ので、アリだなって思った。ていうか、全体的にとにかくよく出来たUIなので、採算度外視でココにも手を入れたくなると思うんだけど、『あえて手を入れない』という判断をした責任者はかなりの切れ者だなぁと。JR西日本パネェ。

『必要なこと以外は何もしない』という手堅くシンプルにまとめているのが凄い。すごすぎる。

無駄な画面遷移・機能が一切なく、本当に必要な機能を使いやすいUIで実現する、という当たり前のようでいて、なかなかに難しいことをサラッとやってのけるJR西日本に感動したッ。しかも、このアプリ無料かよッ!っていう。

コンポーネント類のライセンス表記が見当たらないことを考えると、各種コンポーネントを独自実装してるんじゃないかと思われるのですが、一体どこが開発したのやら。

(アプリのヘルプを見ても制作会社のクレジットはないです。ま、当然っちゃ当然ですが。)

さいごに

モーニングを食べながら勢いで書いてみたので、間違ったことを書いている可能性が高いです。『ちげーよ、ばか!』ってツッコミはこっそりいただけると嬉しいです。かしこ。