s*nymemo

自転車やカメラのレンズに関する何やかんやと日常の雑記からなるblog

見事な都市風景写真を生み出すための7つの鍵

f:id:d_ymkw:20160615004217j:plain

を投げやりに翻訳してみた。

見事な都市風景写真を生み出すための7つの鍵

風景写真について考えるとき、たびたびアタマをよぎるのは、山腹や荒涼とした海岸の写真だろう、しかし、風景写真は、何も自然風景に限ったものではない。少しの準備と洞察力がアレば、偉大なる風景写真を街中においても撮影することができる。ここでは、正しい軌道上にあなたを導くための手っ取り早く入門するための手引を教えよう。

作例(原文参照)

1. 前景・中景・背景

都市風景写真を扱う方法は、伝統的な風景写真と同様である。あなたは次のことを考える必要がある。見る人の目が風景を通してどのように流れるか、またそれらの目はしばしば、クリアな前景・中景・背景が存在する場合、最高のの状態となる?風景写真家は、信じられないような背景を見つけ、その後、補完的な前景のエリアを見渡す。都市でも同じことをしよう、背景の素晴らしい建築物にだけフォーカスしないように気をつけて。上記の写真では、どううやったら視線が、花のかめのうえで始まり、中景であるBow Bridgeのシーンに写り、背景の木や建物で終わるかに気づく必要がある。

2. すべてのオブジェクトは美しい

伝統的な風景写真においては、たとえば、花とか、川とか木とか、または山なんかに、写真における主要な関心が寄せられる。都市風景写真においては、ビルだけが主題じゃない。広告や、テクスチャ、グラフィティ、炭酸の空き缶、店のウィンドウ、車、傘など、どんなものでも美しく魅せる方法を見つけ出そう。この方法なら、途方も無い数のオブジェクトを写真に収めることができる。それらについて、川や花を撮影するときに考えるのと同じように考えるとき、自分自身を、写真にとって美しいコンテンツにあふれた新たな世界へと解き放つことができる。

D* isukeさん(@d_ymkw)が投稿した写真 -

3. 色!

多くの人が都市風景写真について考えるとき、伝統的な白黒や、セピアトーンでいろどられたビルや街角の写真を思い浮かべる。昔から。私もそうだ。だが、そんな既成観念は捨て去ろう。世界は、当時でも色にあふれている、当時の写真家がカラーフィルムを自由に使えたなら、多くの人はそれを使っただろう。白黒写真を作ることができるが、だからといって都市にあふれる綺麗な彩りを無視することはやめよう。

D* isukeさん(@d_ymkw)が投稿した写真 -

4. 光が鍵(そして、いつだって、太陽の位置には注意を払おう)

都市を歩いている時、あなたがどこにいるかに依存して、光の質は絶えず変化している。ある時点で明るい太陽のもとにいたとしても、次の瞬間には、小さな光のストリームが除く影の中にいることがある。日を反射するビルや雲行きでさえ、あなたの周りの光のクオリティをすっかり変えてしまうことができる。空のどこに太陽があるかに注意を払うこと、太陽の光が周囲の環境にどう影響をおよぼすかを知ることが重要です。

どんな景色の中にいるのかに気をつけるだけではなく、光のクオリティにも同様に注意を払ってください。

D* isukeさん(@d_ymkw)が投稿した写真 -

5. 夜に撮る写真

都市風景写真を改善するための最も手っ取り早く簡単な方法は、夜に写真を撮りに出かけることです。ゴールデンアワーを活用するだけではなく、人口照明に取って代わって、夜の中、撮影を続行しましょう。都市は、まったく新たな空気に、ロマンティクな、伝統的な、もしくは不吉な雰囲気で包まれます。もちろん三脚を持って、日中退屈で仕方なかったビルが、新たな感覚の中にあるのを観察しよう。

ついでに、多くの人は、日中よりも夜に写真を撮ったりはしない。そのため、比較的簡単に、あなたのイメージを確立することができる。

D* isukeさん(@d_ymkw)が投稿した写真 -

作例(原文参照)

6. 古いものと新しい物を混ぜよう

上の写真は、フィレンチェの古いドアを撮ったもので、鮮やかなオレンジのピザのデリバリーメニューが挟まれている。もし、あなたが古い建築物がたくさんある都市にいるのなら、何百年も前のものにみえるものの写真だけを撮ろうとするのはやめよう。既にそれは終わっている。モダンな写真は将来において最もユニークなものだ。古典的な方法で建物を撮るに加えて、モダンなひねりを加えて古い建築物を撮る方法を見つけ出そう。

7. 人と背景との結びつきを作ろう

しばしば写真家は、風景の中に人が混ざることを避ける。多くのケースにおいて、それがなぜかはわかるが、しばしば、彼らはミスをしている。人々は、興味を加え、景色と我々とのつながりをつくる助けとなる。彼らは、存在しないと欠落してしまう生活の要素を加える。興味深い背景をフレームに収めたら、そこにふさわしい人がくるまで待ち、シーンを完成させよう。誰でもいいわけはない、場を飾るに、理想的な人物がくるまでまとう。何度でも言う。素晴らしい背景は、何気なくみえる人がフレームに追加されることによって、ふたつのつながりが作られることによってのみ作られる。

D* isukeさん(@d_ymkw)が投稿した写真 -

ストリート写真でのさらなる練習のために

ストリート写真の技術と概念的側面についてより知りたい? この141pageの電子書籍が(以下略