読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

s*nymemo

自転車やカメラのレンズに関する何やかんやと日常の雑記からなるblog

EOS M5に対する雑感;Canon EOS Mシリーズは良いぞ

f:id:d_ymkw:20160917193024j:plain

片道10分で行けるとこまで行こうと、自転車漕いだら、思ったより遠くまで行けてびっくりした。

改めて考えてみると、平均時速30km/hだと、10分で5kmくらいなので、まぁ、そこそこ遠くに行けるのだなぁという感じ。

自転車ってすごい。

EOS Mシリーズ

Canonのミラーレスへの本気具合が感じられるEOS M5が発売されたようで、なんか自分も流行りに乗って雑感をしたためてみようかなと。

結論から言うと『EOS M5って魅力的だよね!てか、Mシリーズって今後も期待大じゃね!』と言いたいだけ。

EOS M用レンズのラインナップ

システムカメラとしては結構特殊なラインナップで、レンズの明るさを抑えることで、性能に妥協すること無く、ワンサイズ小さなm4/3と同程度にコンパクトでありながら、安価な製品を揃えてきている。

  • EF-M22mm F2 STM
  • EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM
  • EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM
  • EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM
  • EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM
  • EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM

EF-M11-22mmなんて、超広角レンズが、この価格で、このサイズで、こんなにも高い性能!?っていう驚きの逸品。

これらのレンズ設計はいずれも、レンズの明るさを代償に

良好な描写性能コンパクトかつ軽量極めて安価

の三要素を召喚している。

技術者の光学原理に対する正確な理解に加え、企画者や経営陣の思い切りの良さ(決断力の高さ)が感じられてキライじゃない。

安価な製品のみでラインナップしてしまうと、いくら売ってもさしたる利益はでないし、後述するようにミラーレスマーケット開拓のための布石に徹した感がある。この選択はすげーよ。首位のCanonだからこそできるアプローチという感じがする。

ミラーレスの現状(他社との戦略の違い)

Canonについてはさておき、ミラーレス市場の現状について俯瞰的に見て見るために、他社製品をざっくり、(いや、本当にザックリなのだけど、)見ると

ボディ レンズ
センササイズ サイズ 重量 描写性能
(解像力、コントラスト)
明るさ 価格
SONY αシリーズ フルサイズ 大きい 重い かなり良い 明るい 高め
SONY αシリーズ APS-C 明るい 安い~並
Fuji Xシリーズ APS-C かなり良い 明るい
Canon EOS M APS-C 小さい 軽い 良い 暗め 安い
マイクロフォーサーズ m4/3 小さい 軽い 並~かなり良い 明るい 安い~並

といった雰囲気があるかなぁと。あくまで『総じて』こんな傾向ってくらいだけど。

改めて俯瞰してみると、各社戦略(マーケットに対するアプローチの仕方)が違っているわけで、

Canon EOS Mの面白いところは、一社だけ明確に異なるアプローチをとったことかなぁと。カメラ業界の慣例的なレンズのラインナップ(明るい単焦点・F2.8、F4通しのズームレンズのラインナップ)を行わずに、良好な描写性能とコンパクトさを損なわず、それでいて安価に徹するというアプローチは、他メーカが十分に開拓しきれていないマーケットの死角に切り込んできたようにも見える。後発だけあって、かなり熟考されている印象。

ちなみに、ミラーレスとしてはNikon1とPENTAX Qもあるんだけど、もう、いいよね…。

EOS Mシリーズの戦略の巧みさ

レンズの物理的なサイズ限界及び価格を決めるファクターとしては、レンズの『明るさ』の影響が大きい(レンズのコストは使用する硝材の量がダイレクトに影響するので、センササイズが一定であれば、レンズを暗めに作ると、必要な硝材の径・量を抑えることができ、安く作ることができる)ことを思えば極めて合理的な判断だなぁと。

レンズが暗いことによるデメリットとしては、

  • 明るめのレンズに比べ高感度が必要になり易い
  • (光学)ファインダーの見づらさ

あたりかと思うのだけど、大きめの素子とミラーレス(背面液晶・EVFでの確認)の組み合わせならこのデメリットは中和しやすい。実用的な暗いレンズって、まさにミラーレス向きの製品って感じもする。

当然、将来的にF値の小さなプライムレンズを生産すれば、Canonと言えど、サイズが大きく・高くなり、他社との差はなくなってくるとは思うのだけど…、*1

まずはパイの大きな(けれど攻めるのが難しい)ところを他社とは違うアプローチで最初に抑え、裾野からガッツリ足固めして攻めてくるあたりには、光学メーカーとしての王者の貫禄が感じられる。プライムレンズというトップギアはまだ使わずに、じんわりと他社の足元に食らいついてくるこの感じ、本気でトップ狙ってる感ある。

今のミラーレス市場でのCanonは、まるで真綿で首を締め付けるかのごとく、じっくりと時間をかけて他社を殺しにかかる様に見えてヤバイ。

で、EOS M5に関する雑感

G5Xの兄弟機に見える。

※ この記事は、ぼんやりとした知識をもとに記載しているため、内容が事実とは違っている場合がございます。ご注意ください。

Pokemon Plus

完全に出遅れたのだけど、発売されたようで。

なんか、めっちゃプレミアが付いてしまってる…。

ASUS Zenpad 3 8.0

Apple iPad Airと双璧をなす最強の時間つぶしタブレットKindle HDX 8.9(生産終了品)の代わりによさげではないか。

ASUS、7.9型2K液晶で3万円台のSIMフリータブレット「ZenPad 3 8.0」を9月16日発売 - Engadget Japanese

Sunland バスタオル

とりあえず試しに家で使ってみたところ、速乾吸収は伊達じゃなかった。超いい。ふつうのバスタオル使うのが億劫になりそう。

それはさておき、60x120cmは大きすぎた。畳めばかなり小さくはなるんだけど、吸収力もパないし、もっと小さくてもいいや。

*1:Canonの場合、自社開発の特殊硝材を投入して、『サイズは小さく・価格は頭一つ抜けて高く』という手があり得るけど、ニッチ狙いすぎてしない気がする