s*nymemo

自転車やカメラのレンズに関する何やかんやと日常の雑記からなるblog

FE70-200mmの超雑なインプレ

f:id:d_ymkw:20161103222510j:plain

クリスマスツリーはじめました。

SONYの望遠ズームレンズ FE70-200mmF4 G OSS (型番:SEL70200G)が早速届いたので試写してみた感想。

重量・サイズ感

軽ッ、まじ軽ッ!そして、小さッ、驚くくらい小さ!

という感じで、三脚無しで余裕で振り回せる。

カタログスペックで三脚座無しで840gとのことで、そりゃ軽いわけだって感じ。それにしても軽い。

なにより、この携帯性の良さは良いっす。

これなら気軽にバックパックに放り込んで持ち出せる。

f:id:d_ymkw:20161103223032j:plain

AF速度

さくっと触った感じ、レンズ自体のAF速度は十分な気はする。

(それよか、カメラ本体 α7のシャッターラグ・EVFの表示ラグが気になる。気になる、というかまだ慣れない。α7RIIに搭載されてる最新のEVFだと、もっといい感じなのかなぁ…。)

f:id:d_ymkw:20161103223227j:plain

描写

巷の評判通り、マイクロコントラストはZeiss銘のレンズに比べ弱め。

とはいえ、ピント面は満足の行くレベルで解像してるし、全体として柔らかい感じの描写は日本人好み(一般的に受けの良い写真が撮れるん)じゃないのこれ、っていう感じ。

(ボケも綺麗らしいのだけど、試し撮りの範囲では良くわからない。悪くないのは確か)

諸収差はよく抑えられていると思う(てきとう)。

個人的には、収差の中で一番目障りに感じる軸上色収差が、全然気にならないレベルの少なさで嬉しい。

総評

総じて、自分的にはこれだけの性能があれば、当面買い換えることはない気がする。