読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

s*nymemo

自転車やカメラのレンズに関する何やかんやと日常の雑記からなるblog

Strava + StravistiX + Veloviewer でヒルクライムコースの確認・分析が手軽にできる!

f:id:d_ymkw:20161110122435p:plain

『PCでChromeブラウザを使ってStravaを見る場合、Chrome拡張の StravistiX for Strava をインストールすると、お手軽にいつものコースを視覚的に分かりやすい形で表示できる』

という話を書こうと思ったら、既に詳しく解説された記事が存在していた。

下記記事に、めちゃめちゃ詳しく書かれているので、興味の有る方はこちらをどうぞ!

smart-warrior.com

まぁ、せっかくなので、StravistiX for Stravaをインストールすると、ワンクリックでStrava上で表示したTT区間をVeloviewerで表示できる。という話を簡単にここでも紹介してみる。

さいしょに;用語の説明

  • Strava : サイクリングの走行データを蓄積できるとともに、他のユーザのデータと比べたりできるSNS的なWebサービス。なんやかんや走行データを解析してくれたり、特定の区間(TT区間;タイムトライアル区間)でのタイムを他者と競ったりできて、楽しめる要素が多い。
  • StravistiX for Strava : Google Chromeブラウザの拡張機能の1つ。StravaのWebページ上に、より詳しい/トレーニングの役に立つ解析結果が表示されるようになる。
  • Veloviewer : Stravaの走行データをより詳細に解析してくれるWebサービス。熱い。

表示例

「My区間」とか「区間の検索」から特定の区間を表示すると外部連携ボタンが表示されるので

f:id:d_ymkw:20161110122217p:plain

Veloviewerで表示させるとこうなる。

f:id:d_ymkw:20161110122417p:plain

3D表示されるとともに勾配変化が色分けされ、コースの全容が丸裸に!

上の坂を例にすると、普段走ってる感覚と照らして一人反省会をすると*1

  • 序盤の勾配10-15%越えの箇所(赤色の箇所)
    • 序盤ということもありキツイと感じないせいで、ふだん強めにペダルを踏んでしまっている
    • 実際には勾配がキツイので、強めにペダル踏むと、ここで筋肉を使い過ぎている可能性が高い
    • ので、次からは速度落として高ケイデンスで乗り切ろう。とか
  • 中盤(オレンジの箇所)
    • 基本的に、勾配7-10%なので耐えるしかない感有る
    • けど、よく見ると、ところどころ勾配が低くなっている(5-7%;黄緑色)
    • なので、このへんが筋肉の使い所(加速ポイント)だなぁ。とか。
  • 終盤ラストスパートの箇所(緑の箇所)
    • ラストなので、ふだんキツく感じてるのだけど
    • 実際には勾配4-5%と、このコースで一番緩い
    • なので、ここまでに温存した筋肉を使って、ラストスパートすべき箇所!

とか考えれる。

あとは、実際試す→実践結果との差異を確認→走り方を再検証→実際に試す→... を繰り返すことができるようになるので、データの解析が好きな人(自分の場合)なら、坂をよりいっそう楽しめるかなぁと!

活用方法

  • より速く坂を上れるようにペース配分を考えられる!!
  • 区間の検索結果を3D表示して、走るのが面白そうな坂を探せる!!

といった感じで、いつものコースをより楽しむだけでなく、新たな坂を探すのにも使えるので、個人的には、超便利じゃんコレ!感がある。

実際これ使って、早速、地元で面白そうな(斜度20%越えの)坂を見つけてしまった。

ロード仲間との話のネタにもなるし、坂を上る楽しみが増えるしでとても良い感じ。

あとは、

  • サイクリング予定の坂をあらかじめ下調べして、準備を整える

といった用途にも使えるかなと。

これで『え、次行くコース?君なら全然大丈夫!大したことないから』という騙し討にやられることも(ry

*1:自分の場合、高ケイデンスで回すのはわりと得意(疲れず長時間できる)のだけど、瞬間的にパワーを上げるのが不得意(ものすごい短時間しかできない&一度パワーを出すと上りで回復できない;たぶん筋肉がない)という傾向を踏まえて考えると