読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

s*nymemo

自転車やカメラのレンズに関する何やかんやと日常の雑記からなるblog

2000円の中華ケイデンス&スピード一体型センサが使えたので、一人で『ケイデンスを上げろ!』ごっこをしてみた

f:id:d_ymkw:20161118005553j:plain

いつだったか随分前にAliexpressで注文した中国製のケイデンス&スピード一体型センサが届いた。

たぶん、これとかWahooのセンサのパチモノ。

パチモノとはいえ、オリジナルよりパワーアップしており、BLE(Bluetooth Smart)とANT+の両対応になっている。

自分が注文したものは緑色のパッケージに入っていて、$20くらいだった。

恐るべきことに添付の取扱説明書は、図や文章がところどころ誤っていて、使えるまでに不毛な試行錯誤を繰り返した。

ま、その試行錯誤については省略。

中華センサの取り付けに関するメモ

チェーンステーの形状がセンサの形状と合わず、ロードバイク(Bianchi Impulso 105)には取り付けられてなかったので、クロスバイク(Khodaabloom Rail700D)に取り付けた。

ペダル側に大きい方のセンサを、スポーク側に小さい方のセンサを配置した。*1

f:id:d_ymkw:20161118011852j:plain

取説にセンサとマグネット間の距離は4mm以下にするよう書かれていたので、

センサを傾けて、マグネットとの距離を詰めた。

また、ペダルとチェーンステー間は距離があり4mmよりもだいぶ広かったので、適当に詰め物をしてペダル側のマグネットがチェーンステーに近づくように調整した。

なお、正常にセンサが動作できているかは、ペダルを回した状態でStravaのセンサとのペアリング画面で確認することができた。(正常に動作している場合、センサ(『BK804A』という名称)が一覧に表示され、回転数(rpm)を常時確認できた。)

動作テスト

Stravaで1kmほど走行。上手いことケイデンスを拾えた。

f:id:d_ymkw:20161118004748p:plain

全力でペダル回してみたり、思いっきり軽いギアに切り替えてケイデンス上げてみたり。

データを見たら平均90rpmくらいで、頑張ったらなんとか140rpmで回せていたので、*2

かの『ケイデンスを上げろ!』

f:id:d_ymkw:20161118014507p:plain

『ケイデンス30あげます!』

f:id:d_ymkw:20161118013927p:plain

ごっこが、なんとか出来るなぁと。

いや、まぁ数秒でバテるんだけどさ。*3

いいじゃないか、ごっこだもの みつを

その他の参考記事

自分が購入した緑パッケージではなく、青色パッケージのものに関して。たぶん中身は同じもの。

*1:オリジナル?のWahooやMINOURAの一体型センサとは配置が逆になってる。

*2:あってんのかなこれ…

*3:しかしやってみてわかったけど、いきなり30上げるってパネェな。