読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

s*nymemo

自転車やカメラのレンズに関する何やかんやと日常の雑記からなるblog

cafe bless me @江戸川,東京

f:id:d_ymkw:20170115213557j:plain

江戸川区の春花園 BONSAI美術館に寄った帰り路に、cafe bless meに。

f:id:d_ymkw:20170115213910j:plain

入り口の看板を見て、良い雰囲気だなぁと。

『好みの豆を、(自宅で)自分好みに仕上げて飲んでほしい』というスタンスは、商業的な香りがしないでもないけど、嫌いではない。

店に入った途端、珈琲の香りに包まれた。

f:id:d_ymkw:20170115214319j:plain

あっさり目の珈琲が飲みたかったので、中煎りのグアテマラSHBを選択。

雑味が徹底的に取り除かれて、とても飲みやすかった。

メモ

マスターの奥さんから教えて頂いた話

  • 珈琲豆の煎り方による違い: 浅煎り ←→ 深煎り
    • 傾向としては
    • 浅いほど、酸味 強 ・ 苦味 弱
    • 深いほど、酸味 弱 ・ 苦味 強
      • ※ 浅煎りである程、コーヒーの実の元の味(フルーツのような酸味)が残る
    • 見た目色の違いで分かるので、煎豆を鑑賞するのもポイント。豆は透明の容器に。
      • ※ 慣れてくると見るだけで、だいたい味が想像できるようになる)
      • 深煎りのほど、油が出てきて色が濃くツヤテカ
  • 珈琲豆の挽き方による違い: 細挽き ←→ 粗挽き
    • 細かく挽くほど、酸味や苦味が出やすくなる。(と、同時に渋み・雑味も一緒に出て来る)
    • 荒く挽くと、サラリとした感じに。
    • 狙った粒度に均一に挽けることが重要
      • 粒度の異なるものが交じると味にムラがでる。
  • ピッキングの重要性
    • 生豆の状態と、煎った後でのピッキングが必要。
      • 生豆の状態: 豆の状態が悪いものは取り除く
      • 煎った後: 煎り具合にムラが出るので、目的の煎り具合と異なるものを取り除く
    • バラツキを残したままだと味にムラが出る。

カフェ・バッハグループについて

お店の紹介文に『バッハグループ』という肩書がついていたのが気になったので調べてみた。

珈琲豆の仕入れを共同で行う他、珈琲豆の扱い方(焙煎~淹れ方)をグループ内である程度統一しているっぽい。