読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

s*nymemo

自転車やカメラのレンズに関する何やかんやと日常の雑記からなるblog

-5℃の極寒LSDサイクリング

f:id:d_ymkw:20170121114128j:plain

参加グループのメンバー5名で 早朝にLSD目的のサイクリングを。

トータル130kmほど。ほぼ平地のコース。前半60kmほどを30km/hで巡航してきた。後半はポタリングに。

初心者ということで先頭交代なしでのグループライドをさせてもらった。一人だと無理なのだけど、曳いてもらっての30km/h巡航は余裕だった。なお、コース中唯一の峠では、一瞬で大きく引き離された(ハンパない力の差を思い知らされた)。

巡航中は負荷が低すぎて心拍が上がらず、体が温まらなかったので体がなかなか温まらずツラみがあった。

それにしても、この日はとても寒くて、インナーグローブ+秋物グローブの組み合わせでは冷たい風で透過してきて指がかじかみまくり。サイクルシューズ+0℃対応のシューズカバーでも足が冷えまくった。 

『マジなんなんだこの寒さ』と思ったら、メンバーのGarminのサイコンによると、気温が-5℃~-3℃だったようで。そりゃ寒いわ。と言う感じ。

幸い、直前に用意したSHIMANOの冬用ウェア(-5℃くらいまで対応?)は大活躍で、体が冷えることはなかった。

ま、寒さはなかなか応えたけど、もうちょい準備すれば問題はクリアできそうだし、これだけ寒くても仲間と走るのは楽しすぎる。

冬用ウェアの話

  • 氷点下ではウインドブレーク素材必須
    • 防風素材かどうかで全然違う
    • 秋物ではやばい
  • Raphaは価格相応の良さがある
    • 生地が良い(肌触りが良い)
    • たしかにかっこよかった
  • ビンディングシューズには冬用のシューズがある
    • 快適性はかなり高いとのこと。
    • シューズカバーを着脱する手間がかからないのがポイント高い
  • 通常のビンディングシューズなら、冬場はガムテープで通風口を塞ぐのがベター