読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

s*nymemo

自転車やカメラのレンズに関する何やかんやと日常の雑記からなるblog

ザ・フィルハーモニクスの演奏に感動してCDを色々買った話

■音楽 写真

f:id:d_ymkw:20170212133248j:plain

馬子にも衣装とはよく言ったものだなぁ。

最近、君の名はドラクエなどの現代音楽をクラシックのオケで演奏していたのに惹かれて『題名のない音楽会』を見ているのだけど、

今回は、ウィーンフィルの元ベテランメンバーからなる*1ザ・フィルハーモニクスが出ていた。

演奏が半端なく上手くて、中でもStingのEnglish man in NewYorkの演奏には感動してしまった。ウィーンフィルテイストの上品で繊細だけど力強い演奏でありながら、それでいて原曲のもつ物寂しさ・哀愁を讃えていてめちゃめちゃツボだった。

www.youtube.com

感動の勢い余って久しぶりにCD注文してしまった。

ザ・フィルハーモニクス 魅惑のダンス~私のお気に入り

ザ・フィルハーモニクス 魅惑のダンス~私のお気に入り

  • アーティスト: ザ・フィルハーモニクス,ドリ,ショスタコーヴィチ,ロジャース,ドヴォルザーク,ヤーノシュカ(フランティシェク),ラーツ(エーデン),コンツ(シュテファン),コヴァーチ(ティボール),フェヒナー(ティロ),ドリ(シュケルツェン)
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2014/05/28
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る

Amazon MusicかiTunes Storeでデジタル版があったら、そっちが良かったのだけど、どうも見つけられず…。

English man in NewYorkの音源が入ったアルバムも見つからず。版権の関係かなぁ。残念。

余談だけど、番組中、フィルの性格の違いで、『ウィーン・フィルはロールスロイス、ベルリン・フィルはランボルギーニ』って例えは分かりやすかった。気持ち音楽性の違いが分かるようになった気がする。

クラシック的な音楽

クラシック音楽を聴きたい欲が高まったので、合わせて色々興味あったのを買ってみた。

といいながら、スタンダードなクラシックを買っていないと妻に突っ込まれたけど。

Etupirka~Best Acoustic~

Etupirka~Best Acoustic~

葉加瀬太郎。説明は…、いらんよね。。。

ライヴ・イン・トーキョー

ライヴ・イン・トーキョー

  • アーティスト: 小松亮太,オルケスタ・ティピカ
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
  • 発売日: 2002/09/04
  • メディア: CD
  • 購入: 1人
  • この商品を含むブログ (3件) を見る

バンドネオン奏者。情熱大陸繋がりで思い出したので、久しぶりに聞きたくなって購入。

Wonders (+DVD)

Wonders (+DVD)

現代音楽をピアノとチェロで。音楽はもちろん良いのだけど、MVがとにかくキラキラしていて楽しそうでステキ過ぎる。音楽っていいなぁと思える。

www.youtube.com

2cellos

2cellos

イケメンのチェロ二人組のユニット。一時期DocomoのCMで使われてた。超かっこいい。

Amazon Primeだと無料で聴けるアルバムがあった。

*1:各人が世界レベルでソリストとして活動可能なくらいの、トップ中のトップのメンバーが集まったドリームチームともいえる