読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

s*nymemo

自転車やカメラのレンズに関する何やかんやと日常の雑記からなるblog

■萩焼でティータイム

その他 写真

f:id:d_ymkw:20170321195213j:plain

優雅なティータイムごっこ。

絶妙なグラデーションに惹かれた。

実は、値段が値段なだけに自分用だけ買うか悩んだのだけど、これは夫婦二人でお茶を飲むほうが楽しめるに違いない、という直感が働いたのでペアで購入した。

これを購入した雅萩堂の店員さんによると、大和猛という陶芸家の方の作品らしい。

『親が無形文化財に指定された陶芸家だけど、本人はまだまだこれから』とのことだったのだけど、初めて焼き物でワイングラスを一体成型した方だとか。

釉薬の扱いにかけては、右に出る人がいるとかいないとかで、この方の器の色は独特らしい。

焼き物の世界も奥が深いなぁ。

ywebg.com

このカラーのマグカップがほしいところ。

雅萩堂

f:id:d_ymkw:20170321212440j:plain

この器と出会えたのが、雅萩堂という店。

萩の城下町の中でも少し外れた場所に。

正式名称がよくわからないのだけど、花留(写真右端のぐるぐる上の焼き物;剣山的な使い方をする)の種類が、周った店の中で一番豊富だった。

f:id:d_ymkw:20170321212430j:plain

焼き物自体も他で見かけない色合いの器が多い上、店員さんが良い方たちだったので、ついつい長居してしまった。

f:id:d_ymkw:20170321212420j:plain

萩で焼き物を買うなら一見の価値ありだと思う。