読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

s*nymemo

自転車やカメラのレンズに関する何やかんやと日常の雑記からなるblog

だるま珈琲 @相生,兵庫;だるま推薦図書『はやめブラストギア』

■マンガ トレーニング記録 珈琲ショップ巡り

f:id:d_ymkw:20170325161038j:plain

お使いを頼まれたので、買い物ついでに坂をいくつか走ってだるま珈琲へ。

暗峠を見据えて、久々にクロスバイクで坂を走ってみた。

思った以上に、アウターギアで回せるようになっていて自分でもびっくり。小径車と言えども毎日走ってるとちゃんと脚が強くなるのなぁ。

f:id:d_ymkw:20170325161000j:plain

試しに、斜度20%オーバー(?)の坂*1を登ってみたら、いくらかギアを残して登れたので、暗峠はこのクロスバイクでなんとかなりそうな気がする。(気がするだけかもしんないけど)

だるま珈琲

f:id:d_ymkw:20170325161449j:plain

見慣れないPINARELLOとLOOKが。

中に入ってしばらく雑談してたら、どんどんローディが集まってきた。

f:id:d_ymkw:20170325161706j:plain

さらにLOOKが一台増えて、LOOKの展覧会に。

ま、それはさておき。

珈琲は、グアテマラを。

だるまでは、やや浅めの中煎り。苦味もありつつ、酸味を前に出してる感じ。同じグアテマラでも、響珈琲とはまた違う煎り方で風味も違って面白い。

だるま推薦図書

カウンターにいたローディの方達から、はやめブラストギアをオススメされたので買ってみた。

世紀末感が溢れていて『ロードバイク版北斗の拳』とのことだったのだけど、マジ北斗の拳だった。作者があとがきでMADでMAXなロードバイク漫画と書いてたので、明確に狙ったっぽい。この作品、とにかく勢いがヤバイ。

後輪にトルクを瞬間的に掛けて路上の石を飛ばしたり、石を避ける反動を利用してペダルを踏み込んで加速したりと、ロードバイクの解説書としては完全に、よどみなく100%おかしいんだけど、『なるほど、そうか』と納得してしまう勢いがある。とにかく勢いが凄い。

作中でも出てきたのだけど、立体駐車場を自転車で駆け上がるビルクライムって東京で開催されてたなぁと。

大阪でもやんないかな。

*1:といっても、100mもない超短距離。