読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

s*nymemo

自転車やカメラのレンズに関する何やかんやと日常の雑記からなるblog

タイヤにボルトが刺さっていた話

自動車 その他

f:id:d_ymkw:20170328120320j:plain

先週くらいに妻から『走行時に異音がする』と言われて点検してみたら、タイヤにボルトが刺さっていた。

ちょうどスタッドレス→ノーマルタイヤへの交換時期だったこともあり、とりあえずノーマルタイヤに取り替えて、問題のタイヤは放置。

しばらく放っていたのだけど、時間が出来たので、知り合いの整備士さんのところに持っていって修理してもらった。

f:id:d_ymkw:20170328120641j:plain

ボルトを抜いてもらって、ゴムのようなもの(スペアシールストリング)を接着剤を絡めてぐいぐいっと、押し込んで終了。

ボルトは先が尖ってて10cm近くの長さがあった。人の手でタイヤに打ち込めるものではないとのことなので、道路で踏んだのだろうけど。なんてものが落ちてるんだ…。

f:id:d_ymkw:20170328120617j:plain

『車のタイヤ修理は、自転車のタイヤ修理より簡単』と言われて納得してしまった。タイヤの厚みがあるからできる技だなぁと。

f:id:d_ymkw:20170328120628j:plain

整備士さんがリストア中の日産のパトロール(60型系)。青色がきれいなのだけど、、、エンジンが4000ccらしい。パない。維持費コワイ。

ノーマルタイヤにも異常が。

スタッドレス→ノーマルタイヤへの交換時に点検をしていたら、

ノーマルタイヤに、カッターの刃のような金属片が刺さっていることに気づいた。

f:id:d_ymkw:20170328120331j:plain

念のため見てもらったのだけど、こちらは(タイヤ表面の厚みに比べて)切り傷が浅いのでノープロブレム。

金属片だけ取り出した。