読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

s*nymemo

自転車やカメラのレンズに関する何やかんやと日常の雑記からなるblog

Lezyne Y10 Super GPSのファーストインプレッション

f:id:d_ymkw:20170328202905j:plain

予約から3ヶ月、ようやく LezyneのY10 Super GPSを使ってみたのでファーストインプレッション。結論から言うと、とても良い感じ。

ちなみに Y10というのは、Year 10 (10周年)モデルって意味みたい。

同じSuper GPSでも旧版はY9と呼ばれてる感じ。(Wiggleなどで異様に安いのはY9)

レビュー

見た目

単体で見た感じ、個人的にはメカっぽくて好み。

f:id:d_ymkw:20170328202940j:plain

装着した感じ。実に存在感がない。

愛車のステムが扁平なので、標準のマウントではガッチリ固定できない(落ちたりはしないのだけど、サイコン本体を捻ったときに動く)。 標準のマウントはステムが円筒状になっていることが前提っぽい。

アウトフロントマウントがほしいところ。

機能面

GARMIN vivosmart HR(リストバンド型心拍計)とスマホ(iPhone, Android)とはアッサリ接続できた。公式サイトで互換リストもしっかり公開されているし、無線通信周りは良くできている印象。

高度・気温・斜度(勾配)の表示や、ナビ機能、アラート機能など、GARMINの中級機(Edge 520)に搭載されている一通りの欲しい機能が揃っていた。

GOOD

サクッと走ってみたファーストインプレッションだけど、

f:id:d_ymkw:20170328203848j:plain

  • GPS性能良好
    • 電源ONから衛星補足までが速い(2,3秒?)。ルートも正確。
    • 自動停止判定機能もかなり良い感じ。
    • 気圧計による高度の算出も合ってる雰囲気。
    • 勾配の表示はラグがある。が、ヒルクライムでの参考情報にはなるかな。
  • 電池持ちそう
    • 3時間で 8%くらい減った。1日以上持ちそうな雰囲気。
  • Stravaと連携OK
    • タイトル以外の細かい設定ができないものの、スマホからサクッとアップロード可能。
    • プレミアムメンバなら Live Segmentsも利用可能
  • ANT+ / Bluetooth両対応
    • 接続するオプションセンサを選ばない。
    • パワーメータも対応

個人的には、Stravaのサイトで見たときに、心拍や温度などが表示されるようになって賑やかな感じになって嬉しい。あと、気圧計搭載なので高度が正確に表示されるようになったのもGOOD。

f:id:d_ymkw:20170328202416p:plain

  • ナビ機能あり(リルート可能)
    • 未利用。他の方のレビューを見てると、けっこう使える模様。そのうち使ってみる。
    • 使ってみた。良い。
      sonymemo.hateblo.jp
  • 他人に位置を通知する機能が無料で使える
    • GARMINとかStravaで有料で使える機能がなぜかタダ。バーゲンだな。。。
  • GARMIN Edge 520の半額で、同等の機能
    • モノ自体はよく出来ているので、サイコンに必要とする機能がはっきりしている(GARMINにしかない機能が不要)なら、オススメ。

Lezyne GPS Ally v2に関する雑感

Super GPSとの通信を担うスマホアプリについて。

iPhoneで、Strava連携の設定(Googleアカウントでログイン)が出来ない!?

iPhoneでStrava連携の設定をしようとして、Stravaの入力画面でGoogleアカウントでログイン(認証)しようとしたら、ログイン画面が落ちてスキップされる状態に。ちなみに、別途、Android端末でAndroid版を使うと問題なくGoogleアカウントで認証できた。なんとなく、Stravaとの連携時に出る入力画面での処理(Googleアカウントでの認証処理)がAndroid前提で組まれている感じ。

で、サイコンとの連携にはiPhoneを使いたかったので、超困ったわけだけど

GPS Root(Webサイト)でPCからStrava連携の設定をしたら、アプリ(Lezyne GPS Ally v2)側でも連携される設定になった。

Lezyne GPS Ally v2とGPS Root

名称が完全に別物なので、Lezyne GPS Ally v2とGPS Rootとの関係性がわからなかったのだけど

スマホアプリのLezyne GPS Ally v2 は、

  • GPSデバイスとのBluetooh接続して何やかんや制御する機能(ログのダウンロードやナビ機能の実現)
  • GPS Rootのデータにアクセスする機能

の2つを兼ねてるって感じっぽい。

なので、GPS Root絡みの機能は、GPS Rootのサイトでの設定がそのまま利用される雰囲気。

Lezyne GPSデバイスの制御コード

実際に使ってみる前は、スマホアプリの出来が今ひとつに感じたので、

『これは自作するしか!?』と思って、Lezyne GPS Ally v2 のAndroid版のapkファイルをダウンロードして、この辺を参考にデコンパイルしてみた。

いたってふつーにソースコードが手に入ったというか、現状難読化されていなかった。

で、GPSデバイスから走行ログをダウンロードする制御コードは

  • \com\lezyne\gpsally\ui\homeScreen\deviceTab\BleFileDownloadDialog.java
    • GPSデバイスからBlutoothで走行ログ(Fitファイル)をダウンロードするUI部分のソースコード
  • \com\lezyne\gpsally\services*.java
    • GPSデバイスをBluetoothで制御するためのソースコード群

にあった。

ま、結局 Lezyne GPS Ally v2が使えることがわかったので、自作の線はヤメ。

他の方のレビュー