s*nymemo

自転車やカメラのレンズに関する何やかんやと日常の雑記からなるblog

サイクリストの聖地『しまなみ海道』を日帰りで往復してみた

f:id:d_ymkw:20170905221327j:plain

手元に青春18切符が1回分余っていたので、日帰りできる場所を思案した結果、かねてから行ってみたかった『しまなみ海道』に行ってみることに。

前日譚 ~輪行を決定するまで~

しまなみ海道の全長は70kmと短いので、ロードバイクなら途中途中観光したりヒルクライムを混ぜても1日あれば往復できるかなぁと。

(※ ふだんの朝練で、午前中だけで120~140kmほど走ることがあるので)

最初は、なるべく気軽に旅できるように、現地でロードバイクをレンタルして走ろうかと思っていたのだけど、先人達のblogを読み漁った結果、以下の2点

  • ポジションをきっちり合わせるのは難しい
    • フレームサイズが限定される・サドルのみの最低限の調整のみとなるため
  • ビンディングシューズを使えない
    • ショップによってはビンディングペダルを取付けてくれるようなのだけど、そのためにはビンディングペダルを持っていく必要がある → 荷物が増える

というデメリットと、

自分のロードバイクを持ち込む(輪行する)場合の『移動に手間がかかる』というデメリットと、を比べてみて、

せっかく行くのだから、ちょっと手間だけど、現地で思い切り走れるように輪行することにした。

撮影スポット

撮影スポットを調べてみた。

主に、各島に点在する山頂の展望台が撮影スポットになっていた。

これらの山頂までのルートは数kmあるかないかで、適度な斜度(平均斜度10%以下)になっており、ヒルクライムコースとしても良さ気な模様。

当初はいくつか回れたらいいなぁと思っていたのだけど、これに関しては目論見が甘く1つも回れず。

※ 後日知り合いから教えてもらったところ、中でも『亀老山展望公園』はオススメとのこと。

ロードバイクのレンタサイクルについて

尾道でロードバイクを借りるなら

  • THE RED BICYCLES ONOMICHI
  • ONOMICHI U2内にあるGIANTストア

の2箇所があった。この2箇所は評判を調べた限りどちらもよさげ。

輪行時の参考にした動画

買ってから一度もロードバイクで使ったことがない輪行袋(オーストリッチのロード220)の初使用。(ロードバイクでは使ったことないけど、折りたたみ自転車とクロスバイクでは過去に輪行した。)

出発前にYoutubeの解説動画を見て一夜漬け(ロード320を使っての解説だけど、220でも同様)。

www.youtube.com

この予習のお陰で自転車の分解は15分あれば十分だった。

往路・JR

JR山陽本線の始発でJR尾道駅へ。

平日だったので、途中学生が乗ってきたりとやや込み気味にはなったものの、先頭車両にちょうど輪行するのに良い凹みがあっていい感じに自転車を収められた。

8:30くらいにJR尾道駅着。

自転車組立場でロードバイクを組み立てた後、JR尾道駅のロッカーに着替えや輪行袋など走行に不要なものを収納して出発した。到着から出発までだいたい30分くらい。

駅目前(駅から1分もかからない距離)のフェリー乗り場に乗り込み1つ目の島 向島へ。

f:id:d_ymkw:20170905224956j:plain

しまなみ海道

向島→因島→生口島→大三島→伯方島→大島→今治市

と繋がっているのだけど、今回、全ての橋は到達したものの、今治市には未達で終わった。

f:id:d_ymkw:20170905224805p:plain

写真

話は戻って、ブルーラインに沿って、サクサク進んだ。

時間的に余裕があるつもりだったのでコンビニでちょこちょこ補給しつつ、向島、因島を走行。

今思うと、時間を無駄にし過ぎていた。

生口島と大三島では海沿いを快走。

生口島のドルチェ本店でみかん味と塩味のジェラートを。

f:id:d_ymkw:20170905234058j:plain

サイクリングの休憩にちょうど良かった。

f:id:d_ymkw:20170906001855j:plain

海がめっちゃきれいな海岸沿いを走りーの

多々羅大橋(だったかな)へ。

f:id:d_ymkw:20170905233318j:plain

f:id:d_ymkw:20170905233459j:plain

海の青さが眩しかった。

f:id:d_ymkw:20170905233751j:plain

橋を渡った先が、道の駅。

適度に補給した後、サイクリストの聖地で記念撮影。

f:id:d_ymkw:20170905235526j:plain

f:id:d_ymkw:20170905235531j:plain

さらに走って、伯方島の道の駅にて昼ごはん。

f:id:d_ymkw:20170905234627j:plain

サイクリストの聖地と同じオブジェがあったので写真撮影していたら…

f:id:d_ymkw:20170905233920j:plain

背後に青い象が。誰やお前。

大島を抜けて、ラストの来島海峡大橋に。

橋を登る途中、綺麗な入江が眼下に。

f:id:d_ymkw:20170906000245j:plain

Google mapによると『火内鼻』と名前がついていた。

f:id:d_ymkw:20170906000204j:plain

来島海峡大橋の入り口を登りきったところでPM2時。

ここまでで約65km。気に入った風景を全て写真に収めていたら、約5時間かかってしまった(走行時間自体は3時間を切る程度)。

日暮れ前(PM6時)までに尾道に帰る予定だったので、余裕を見てここで折り返すことに。

なお、大島の道は他の島に比べてちょっと退屈だった。(外周コースのほうが良いかも)

帰り路、少し強度を上げたところ、時間的に余裕ができたので道の駅で30分~1時間ほど休憩を挟んだ。

ちょっと休みすぎたかも。

ラスト、因島大橋付近で、グッと来る風景があったので撮影。

f:id:d_ymkw:20170905234846j:plain

夕日を背にMyバイクを。ラストに相応しい写真が撮れた。

予定ぴったりにPM6時に尾道に到着。総走行距離130km。

今回の旅の一昨日前に110kmほど山を走ったところ左膝が痛くなったので(このときはとにかく坂を走ったのだけど、おそらく坂で重めのギアで踏み込みすぎた)、今回は膝を痛めないように終始軽めのギアで気をつけて走行。

結果、膝が痛くなることはなかったものの、走り終えても脚に軽い筋肉痛が生じた程度で体への負荷という点ではちょっと物足りなかった。丸一日走ったにも関わらず、思ったほど距離が稼げなかったりで、モヤモヤした気持ちが残ったのだけど、

上記記事を読んで、今回の旅では、気に入った写真がたくさん撮れたことを思えば良いライドだったかなと思い直した。

自転車のある風景写真

自転車のある風景写真専用のアカウントをインスタに開設しました。自転車&風景の写真を撮られている方と仲良くなれると嬉しいです(๑•̀ㅂ•́)و✧

www.instagram.com

復路

日没までにまだ少し時間が合ったので、ONOMICHI U2へ。

f:id:d_ymkw:20170905231023j:plain

建物内はお洒落すぎたので入らず、尾道港に停泊する船を眺めて旅は終了。

f:id:d_ymkw:20170905235025j:plain

帰りは、JR尾道駅からJR福山駅まで移動した後、福山駅から新幹線で帰った。

福山駅が思った以上に都会的でびっくりした。

行きのJRでの移動時間はなんだったのだろうと思うくらい新幹線は超楽で速かった。