$*nymemo

日々の雑記からなるblog

iPhoneで高音質にBluetooth接続イヤホン/ヘッドフォンを使う方法

f:id:d_ymkw:20180516135647j:plain

Bluetooth接続イヤホンが出始めた初期の頃に比べればSBC, AACコーデックでの接続でも、ふだん使うには特に問題ないとは思えるようになっているのだけど、

手持ちヘッドフォンで音楽をじっくり聴くには、いまいち物足りない(有線接続に比べて音の迫力みたいなものが無くなる)なぁ、と思っていたところ

ふと目にした巷の検証記事に各コーデックごとの周波数スペクトラムが載っていた。

それを見ると、SBC, AACは高周波成分がごっそり抜けていた。*1

気になったので改めて、Bluetooth接続時のコーデック仕様をざっと確認したところ、SBC, AACは高周波成分のカットが仕様に含まれている様子。

各コーデックの仕様まとめ

コーデック サンプリングレート ビットレート 遅延 注意点
SBC 最大48kHz 最大345kbps 220ms前後 高周波成分はカット。
仕様は上限値を定めるのみ(実際の通信仕様は機器による)。
AAC 最大96kHz 256kbps前後(可変) n/a 高周波成分はカット。
aptX 48kHz, 16bit 352kbps前後(可変) 70ms前後
aptX LL 48kHz, 16bit 352kbps前後(可変) 40ms前後
aptX HD 48kHz, 24bit 576kbps前後? 150ms前後
LDAC 96kHz, 24bit 最大990kbps n/a

参考記事

iPhoneでaptXを利用する方法

仕様的にもやっぱりaptX接続が良いなぁというわけで、iPhoneでaptXを使う方法について調べてみたところ、下記記事を発見した。

現状、以下の2つの方法がある。いずれも、aptX, AptX LL対応のBluetoothトランスミッタを利用することになる。

*1:MP3と同じように、人間の聴覚モデルに基づき"聴きとれない"と考えれる音を削る方式ぽい