$*nymemo

日々の雑記からなるblog

アクアリウムとSIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art の検討

f:id:d_ymkw:20180709170042j:plain

妻が熱帯魚を買いはじめた。写真を撮るのが楽しくなってきて、マクロレンズが欲しくなってきた。

GEX のAQUA-Uという水槽キットを使っていて、ポンプが外付けされ、四角いボックスに入っているおかげで、見た目がかなりすっきり。リビングに置いても悪目立ちしない感じ。

見ていて飽きないし、写真を撮りたくなる。

f:id:d_ymkw:20180709170640j:plain

背面に細工してみたり。

背景に色紙を差し込むだけでも雰囲気が変わって面白い。

f:id:d_ymkw:20180709170733j:plain

カージナルテトラ

一匹だけ、背骨が曲がってるような気がしなくもない。

ぼわっと明るいのでネオンテトラと呼びたくなるのだけど、違うらしい。

f:id:d_ymkw:20180709170750j:plain

パクパクくん。水槽内に生えた苔を食べてくれるにくいやつ。

正式名 オトシンクルス

どじょうみたいで可愛い。

f:id:d_ymkw:20180709170808j:plain:h500

エビビー。食べられないらしい。残念。

ヤマトヌマエビミナミヌマエビだったっけなぁ・・・。妻に確認すればわかるのだけど、なんにせよこのエビは食べられない。

流木の影に隠れていて見えないことが多い。

f:id:d_ymkw:20180709171812j:plain

f:id:d_ymkw:20180709171815j:plain

まるで手みたいなひげ?が生えてる。

名前はまだない。

正式名は、そのうち確認しよう。

・・・

標準レンズより広角ズームレンズのほうが寄れることに気づき

ちょっと寄れるようにはなったのだけど、

大幅にトリミングしてこれなので、やはりマクロレンズが欲しいなぁと。

f:id:d_ymkw:20180709174858j:plain

マクロレンズをめぐる脳内会議

SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art が、手の届く価格で、かつ、絶妙すぎるスペックで悩ましい。

選択候補としては

  1. 純正の90mmマクロレンズ SEL90M28G
  2. 一時的に SEL30M35 → SEL90M28G
  3. SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art

1 .

ワーキングディスタンス(レンズ前面から被写体までの距離)を考えると、純正の90mm SEL90M28Gかなと思うのだけど…。思うのだけど、流石にこの値段はおいそれと買うわけには、ということもあり、買うとすれば、しばらく先になってしまうのは確実なので、「今アクアリウムを撮りたい」という目的があるだけに悩ましさが募る。

2.

純正90mm購入を前提に、しばらくはトリミング前提でAPS-C用のf=35mmマクロレンズ SEL30M35を使うという手も考えたのだけど、

  • この手の標準域のマクロレンズの特性としてワーキングディスタンスがなさすぎるので、という根本的問題と、
  • なにより軸上色収差が気になりすぎる

ので、ないな、と。

(ぶっちゃけ、買値と売値に差が少ないので一時的に使うにはかなり都合がよく、かなり悩んだ)。

3.

f:id:d_ymkw:20180709174845j:plain

70mm Artを落ち着いて検討してみる。

  • 70mmArtの良い点
    • 描写性能(光学性能)は、マクロ域で純正と遜色なさげ
      • 焦点面の収差(色収差・歪曲収差)がないのは当然として、軸上色収差が皆無なの素敵すぎ
      • マクロ域のボケ味は良い感じ。
  • 純正に対して機能的に足りない点
    • ワーキングディスタンスが少なめ
    • AF速度が比較的遅い
      • (動体は厳しい雰囲気)
    • インナーフォーカスでない
      • (目的とする撮影倍率によって、鏡筒の長さが変わる)
    • レンズ内手ぶれ補正がない
    • 遠景のボケ味が硬い感じ

純正に対して劣っている点が、自分にとってデメリットかどうかが重要なので、想定される撮影用途(アクアリウムや庭の草花)を考慮して考えてみると

  • ワーキングディスタンスが少なめ
    • → 等倍撮影時 純正が15cm、70mmArtが12cm(推定値)
    • → 問題になるか微妙なラインだけど、それほど倍率を上げない撮影(アクアリウム)なら問題はなさそう
  • AF速度が比較的遅い
    • → アクアリウムの撮影にAFが使えるか微妙なところだけど、MFで対応できる
    • → 草花をとるならノープロブレム
  • インナーフォーカスでない
    • → 最長でフード先端までなので、フードをつけていればレンズ前玉をぶつけることはなさ・・・そう、ということにする
  • レンズ内手ブレ補正がない
    • → a7RIII本体に5軸手ブレ補正があるので困らなさそう
  • 遠景のボケ味が硬い感じ
    • → マクロにしか使う予定がないのでノープロブレム

改めて検討してみると、致命的なデメリットがない。

なんてものをこのタイミングで投下してくれたんだSIGMA…。

"積極的に選ばない理由"が見当たらないやないかー。うえーい。

www.sigma-global.com

www.asahi.com