読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

s*nymemo

自転車やカメラのレンズに関する何やかんやと日常の雑記からなるblog

NieR:Automata が面白すぎてAI関連の作品を乱読

f:id:d_ymkw:20170418003252j:plain

NieR:Automataめっさ面白い。現在のマイブームは大剣を振り回すこと。

まだクリアできていないのだけど、

結のほえほえゲーム演説:第31回 「『NieR:Automata』,爪先から徹底解剖! ここが好きだよ2Bちゃんの肢体!」 - 4Gamer.net にあったけど、

NieR:Automataの恐ろしいところかつ,シリーズを通じて存在する本質は,「ある一定のストーリーを越えたあたりから,胸だの尻だの言ってる場合じゃなくなる」

ってのが、まさにその通りという感じ。

ゲーム自体がよく出来ていて面白い上に、徐々に作品のテーマが明らかになっていく展開・ゲーム構成もよく練られている感パない。

NieRのメインテーマがどうなのかは、まだ自分の中で確定していないけど、

『機械・AIが自我を持ったとき、そのとき人と機械との違いは。』

『人とは何なのか』

ってテーマの作品がもっと見たくなって乱読。

マンガ

AIの遺電子

以前、プログラマ向けPodcast rebuild.fmでも話題になっていた作品。

2巻まで読破。

基本、各回読み切りで、毎回、『人とは何か?人を人足らしめる要素は何なのか?』を問うようなテーマのもとに、話が繰り広げられる。

この作品の魅力は、下記紹介記事がよくまとまってる。

アトム・ザ・ビギニング

Kindleで1巻が無料公開されていた。

アトム誕生前史、といった位置づけなのだろうか。

心を持ったロボットありきで話が進んでいて、テーマ的にはそこまで深くない感じがした。

映画

楽園追放

あまり深くコメントしたら負けかなと思ってる。*1

イヴの時間

作品紹介は下記公式サイトがちょうどいい塩梅。

イヴの時間 | スタジオリッカ

以前はAmazon Primeビデオで見れたのだけど、今は見れなくなってる。*2iTunesストアだとレンタル視聴可能。

ほんわかした空気感がとても良い。喫茶店の空気感が好きな人は好きだと思う。

問題提起はするけど、作品内での完結はしないに等しい(見終わった後スッキリしない)感じなので、見る人を選ぶ作品ではあると思う。

*1:ネタバレ注意的な意味で

*2:Amazonと配信社との契約が切れたらしい。