$*nymemo

日々の雑記からなるblog

UHS-IIカードの最高速テスト

f:id:d_ymkw:20171212234745j:plain

前回、読み込み速度を計測したときに比べ、CPUをアップグレードしているので、より理論値に近い数字がでるかもと思って再計測。

実利用(写真の取り込み)に合わせて、前回はテストデータを50MiBに設定してテストしたのだけど、最近は動画も撮るのでもうちょい大きな100MiBにしてテスト。

f:id:d_ymkw:20171219074230p:plain

全テストを走らせたのだけど、実利用に影響する値は以下の2つ。

  • Seq Q32T1 (32キューを1スレッドに束ねてのシーケンシャルアクセス)
  • Seq (シーケンシャルアクセス)

公称値 Read 300MB/s, Write 260MB/sに対して、

SeqQ32TのRead 279MB/s、Seq の Write 246MB/sはけっこういい線いってるなぁと。

※ 今にして思うと動画の場合を考慮すると、もっと大きな1000MiBくらいでもいいかもしらん…。SDカードの寿命が縮みそうなので追試はしないのだけど。

改めて見ると、安価なSSD並の速度だなぁ…。

なおざりなプチレビュー

UHS-IIカード自体は、Lightroomへの写真・動画の取り込みが爆速になって快適です。(CPUのアップグレードも合わさって、重複画像の検出も瞬時に終わるため)

取り込みが速いので、写真を取り込むにあたっての心理的なワンクッションが減り、撮影後→取り込み→現像→配布 までをストレス無くできるようになりました。

妻に写真を催促されることが減ってストレスも減りました。